粤海国际酒店管理集团

>

      広東省粤海(国際)ホテル管理グループ有限会社(以下広東省粤海国際と略称する)は広東省粤海持株グループ有限会社(広東省粤海持株グループは当面の廣東省が海外規模最大の総合的企業グループである)傘下の国際化ホテル管理グループで、20世紀80年代中期に創立して、現在管理の下に置かれるホテルは香港、マカオ、珠江デルタ、長江デルタ及び環渤海、中原、南西などの地域に分布しています。


      広東省海国際は広東省海持株グループ有限会社の「誠実、正直、効率」という企業文化を受け継ぎ、各方面で企業文化を表しています。海国際は現代化企業管理理念を強化して、「国際水準により、中国特色を作る」という管理優位性によって、「真心をこめて、お客様に接しています」という理念をサービスの趣旨とされていて、そして、「人間本位で、管理を厳格に、従業員を大切にする」という人材観で専門化、個性化、差異化、特色化的なサービス品質と管理レベルを高め、絶えずホテル文化内包を高めて、集団化、連鎖化による成員ホテルの間の資源を共有することによって、不足を補うことを効率的に実現します。それによって、著しい競争力と収益力を得て、激烈なホテル業市場競争において、メンバーホテル全体の利潤の上がる良好な業績を遂げて、ホテル資産のリスクヘッジ値上がりを実現させました。同時に資本を絆にするパターンを積極的に探索して、ブランドの国際化を普及させ、品質によって規模を拡大し、ブランドによって発展し、良好な投資・融資及び運営実力を持つ国内有名なホテル管理グループとなりました。



      今、粤海の所属している各ホテルは平均ゲストルーム値段や貸出率や経営利潤率やお客様の満足度などの面においては、同じ星クラスのホテルと比べると、前列に立っていて、ホテル資産増殖や社会に対する貢献や利潤の分野の先頭車とされています。

まさに「中国国内資金ホテル集団発展報告」によって指摘されたように、「粤海国際もその他の数軒のホテルももともとの相当ある規模の上で速やかな発展を遂げました。その速い成長力で、インターネットにおいての全国的な拡張を完成しました。支店への派遣人員に対する本店集中特訓が一番の特色で、人員の退社率を有効的に下げました。それは輸出管理の未来の一致性に有利しています。また、粤海国際の経営能力やブランド影響力や集団管理力や契約管理平穏性などの面においては、業界の前列に並んでいます。