粤海国际酒店管理集团

>

  • 組織的と文化的な優位性
  • 管理と専門の優位性
組織的と文化的な優位性

組織的と文化的な優位性

会社全額出資持株株主広東省粤海投資有限会社は現在広東省の海外における規模最大の広東インターナショナルの全支配株主とホンコン証券取引所社の上でリストされる広東ホーディングス社の4つの子会社のうちの1つです。全国の各省市が香港で作られた企業の中での初めの上場企業として、香港株式市場に赤い籌の株のイメージを樹立しました。1997年、アジア金融危機に影響されて、広東省粤海持株グループは債務危機のため再編して、国際有名なコンサルティング会社であるマッキンゼーと高盛の力を借り、香港の上場会社に対する厳格な法律監督管理システムに頼って、現代化された企業管理体系と「誠実、廉直、効率」の企業文化を構築しておきました。2000年、再出発した広東省粤海は最初の“借金を返し、生きていこう」という境遇から“運営を良好にし、発展していこう」へと十年の創業期を過ごしました。2010年に入ってから「2回目の創業」を開始して、国営企業国際化になる手本である国際と基準に合わせた規範的秩序的な海外における国有企業をつくることを目指して、戦略企画、管理パターン、人事管理、所得配分、リスク予防などの各方面においての一連の改革を展開して、組織と文化の面で優位性が得られました。その重要な業務プレートである都市総合体プレートの構成部分として、粤海ホテル管理グループは一連の改革の中では、きわめて強い行動力によって、各制度を実施しています。それと同時に、ホテル管理グループの専業化を強化することに力を入れて、 “標準化+差異化+個性化”のサービスを提供することによって、改革の中では著しい発展を遂げ、自身の組織や文化を形成しました。

管理と専門の優位性

管理と専門の優位性

香港に創立して、海外及び香港とマカオで二十年あまりホテルを運営しています。製品製造、市場体制、サービス標準、品質管理などが均しく国際標準の基準に合わせて、企業背景のために中国本土環境を熟知しているから、具体的経営管理において、差異化と特色化を強調するとともに、国際ホテル業界の標準を現地文化、環境とよりよく融合させました。そして十数年のホテル運営の経験や実践の積み重ねることによって、少しずつ“国際水準、中国の特色”という競争力を身につけました。 会社は活気が満ちて革新したマーケティングセールス体系と、中央予約システム、お客様奨励制度、会員発展システム及び電子商取引システム(このシステムは国際有名なホテルとして持たなければならないセールス手段と道具である)を持っています。立体化した販売ネットワークを構築して推し広めて、ルート開発や建設、そしてお客様維持などの方面では力強い競争力を擁して、お客様をたくさん引きつけて、注目されました。 “広東省粤海国際ホテル”、“広東省粤海ホテル”の2つの自社ブランドを持っています。中では“広東省粤海ホテル”ブランドは“廣東省著名な商標”という称号を得て、これから本来の粤海ブランドに焦点を当てて、ブランドの国際化によってより高級な新しいいブランドを確立しようとします。それに基づいて、粤海ホテル管理ハンドブック、粤海ホテル開業ハンドブック、粤海ホテルブランド標準などの専業システムファイルが整えました。それは知識的な面で経験を積り、製品複製においても基礎を築きました。それと同時に、都市、場所、商業地域などの要素を考慮に入れて、地理的に業務を発展させて、適応性が強いホテルブランドとなりました。 品質によって生きる道を求めたり、利潤を上げたり、発展を促したりしています。そして、完備したISO品質認証体系によって、平日検査やネットワーク評価や臨時検査やランダム検査や臨時お客様の裏検査などの5級検査メカニズムによってホテルの質とサービスのレビルを向上させます。そして、情報化によって品質検査体系の完備さを図り、公共評価システムを立てると当時に、ネットワークにある評価に常に注意をはらったり、管理したりして、お客様にご満足いただけるように努力しています。 内部コントロールシステムによって企業制度やプロセスなどを整理整頓し、基礎管理水準をアップさせ、管理の制度化、制度のプロセス化、プロセスの情報化などを少しずつ完備させます。事前に防備すること、事中に制御すること、事後に補うことというリスク防御体系を立てて、管理コントロールを有効的に実施し、企業リスクを最大限に下げます。 ホテル業界の特徴およびホテル安全管理作業の複雑性を考慮に入れて、全面的に安全生産予防体系を築きましあ。また、管理会社、ホテル管理職、安全責任者、各グループという4つの階段での毎週、毎月、三ヶ月に、そして半年に総合検査することによって、隠れた安全問題をすぐに発見して改善し、事故が起こらないように事前に予防します。 集団化運営する規模の利点を十分に発揮して、コスト優先戦略を実施し、予算管理、収益管理を推し進めます。ホテル全体の空間を最大の経済効果を生じさせるために、会員ホテルに潜在能力を充分に出そうと指導します。 “日光工事”、“入札募集調達”、“契約管理”、“親族遠慮”などの制度を中心とする企業の管理コントロールシステム及びSAPの財務システムなどの技術的手段によって、会員ホテルへの管理を強化することを実現し、広東省粤海国際ホテルの運営コストは常に抑えています。